新潟市のアロマサロン kandy.p(キャンディ)

頭痛にアロマで薬に頼らずスッキリ解消!

頭痛にアロマで薬に頼らずスッキリ解消!

疲れが溜まったり
不安が襲ったり
突然の辛い頭痛に
アロマが役立ってくれます✨

画像の説明

何となくきそうな...
けど痛みが来てからでは遅いし...

頭痛薬は出来るだけ使いたくないし...

そんな方も多いのではないでしょうか?

アロマが辛い頭痛を

解消してくれるかも知れませんよ✨

アロマを使って頭痛を和らげる方法をご紹介!

🌿ラベンダー

画像の説明

ラベンダーは、アロマテラピーで

1番メジャーで基本的な精油です。

色々なシーンで活躍してくれるこの精油は

迷ったらラベンダー!

と言われるほど万能でおすすめの1本です。

ラベンダーは鎮静作用があるので

頭痛の辛い痛みを和らげてくれます。

また、他の痛みも和らげてくれたり

自律神経を整えて

頭痛を予防することもできます✨

🌿&deco(orange,,20){ローマン・カモミール}

画像の説明

ローマン・カモミールの香りは

りんごのような香りで

リラックス効果と

とても優れた鎮痛作用があります。

刺激が少ないのでお子さんでも

使うことが出来ますので

お子さんの緊張型頭痛

ローマン・カモミールを

使ってあげるといいですよ😊

お腹の痛みにもおすすめです✨

🌿ペパーミント

画像の説明

清涼感のあるスーっとした香りのペパーミントも

頭痛の強い味方❗️

若干皮膚刺激があるので

特に肌が弱い人は

スプレーにしたり

ティッシュに精油を1滴たらして

香りを嗅ぐようにして

肌に直接つけなければ

トラブルを避けて使うことができますよ。

肌が弱い人でなければ

こめかみなどに塗るとスッキリします。

頭痛がひどくなって

吐き気をもよおす時も

ペパーミントはスッキリします✨

🌿クラリセージ

画像の説明

クラリセージは、ホルモンバランスが乱れる

毎月生理前に起こる、PSM(月経前症候群)で

怒る頭痛に役立ってくれます。

とても強い鎮静作用があるので

車を運転する前や

集中力が必要な時は

使用を控えましょう。

※妊娠中は使用をお避けください

🌿ローズマリー

画像の説明

ローズマリーは血行を良くする働きに

優れているので凝った筋肉を緩め

頭痛を楽にしてくれます✨

首肩周りに塗ってあげると

血行がよくなり

肩こりも頭痛も楽になります✨

低血圧の方は使用を控えましょう。

🌿スイートマジョラム

画像の説明

スイートマジョラムは

自律神経のバランスを整える働きや

鎮痛作用があり

辛い頭痛を和らげたり

予防することができます。

一時的に頭痛薬で痛みを和らげても

根本的な原因がなくならなければ

頭痛を繰り返してしまいます

自律神経のバランス乱れ

という原因が整うことで、

頭痛から解放されるのが重要ですね。

※妊娠中は使用をお避けください

慢性的な緊張性偏頭痛には

アロマ温湿布がおすすめです✨

☝️アロマ温湿布の方法

画像の説明

① 洗面器に60℃くらいのお湯を入れて、精油を1~3滴垂らします。
② 精油が1カ所に固まらないようにお湯を混ぜて拡散させ、タオルを浸して絞ります。

③ 温めたタオルをたたんで、肩や首周り、後頭部などに当てます。

④ タオルが冷えてきたら、またお湯に浸して温め直すようにし、しばらく首、肩周りを温めていると、温かいタオルと精油のダブル効果で、筋肉の緊張が緩んで頭痛が和らいできます。

今まで頭痛薬が手放せなかった方も

アロマを活用することで

頭痛薬がなくても快適に過ごせるように

なるかも知れませんね😊

しかし、あまりにも痛みがひどかったり、

痛みが続いたり

頻繁に頭痛が起きる場合などは

必ず医療機関を受診するようにしてくださいね。

頭痛の悩みから解放されて、笑顔あふれる日々を過ごされることを願います☺️

コメント


認証コード3389

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional