新潟市のアロマサロン kandy.p(キャンディ)

アロマテラピーの歴史『薬草魔女』の時代

アロマテラピーの歴史『薬草魔女』の時代

大昔、『薬』というものはなく、
植物を使って病気や怪我を治したり、
食べ物が腐らないように使ったりも
していました

そういう植物を『薬草』と言って、
その薬草の知識や、それを使いこなし、
しかも直感で大地の声を聞くことが
できる女性が『魔女(薬草魔女)』
と言われていたそうです

ちなみに魔女は『賢い女性』
を意味するそうです

私たちの『魔女』のイメージは
『魔女の宅急便』みたいに
ホウキに乗って空を飛んでいますが、
ヨーロッパではハーブの束に乗って
いるそうです

こんな感じ!?

新潟市のアロマサロン kandy.p(キャンディ)【アロマテラピーの歴史『薬草魔女』の時代】

魔女たちは、薬草に宿る神さまと
病人とをつなぐ役割りとして
自然と交信しながら、
シャーマニズム(呪術的)な治療を
していました

ことことと植物を煎じて
杖をかき混ぜる姿が
浮かんできますね~

こちらもこんな感じ!?

新潟市のアロマサロン kandy.p(キャンディ)【アロマテラピーの歴史『薬草魔女』の時代】

魔法使い的な魔女の存在が
邪魔になったりして、
一旦姿を消しますが、

その治療法は、今でも
引き継がれていて、

自然療法や植物療法がまた
見直されています!!

時空を超えた願いや祈りも
ただの魔法ではないと
わかってきています。

植物の力や人が
本来持っている力の
凄さをとっても実感します!!

化学医療の技術が進んでから
病気を治すことは早くなったかも
しれないけれども、
副作用やそれ以外の健康な部分を
悪くしてしまうという悲しい現実

自然と共存して
自然治癒力を高めて
生きたいですよね~

ここからアロマテラピーに
つながっていきますが、
植物の歴史は深~いので
まだ続きま~す

そう言えば私も
『前世魔女でしたね~!!』
って言われたことがありました

今の職業につながってるのかもしれないですね

    コメント


    認証コード3805

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by HAIK 7.3.0
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional